人社サロン|三太郎の小径

TOHOKU UNIVERSITY
scroll

BOOKS

book cover
日本人と神
講談社現代新書
著者/編者 佐藤弘夫
出版社 講談社
出版年 2021年
定価 990円(本体900円)

「日本人の精神性の根底に流れるものはアニミズムである」「山をご神体として麓から遥拝する形式が最古の神道祭祀である」「日本では死者は遠い浄土に旅立ことなく、神となって故郷を見下ろす山に留まる」―本書では、いま日本に流通するこれらの常識化した言説を根本から見直すとともに、縄文時代から現代に至る長いスパンの中で、この列島において聖なるもの(カミ)が誕生し、変容していく様を辿った。

AUTHORS / EDITORS

著者略歴

Photo
佐藤弘夫
研究分野:日本思想史
東北大学大学院文学研究科特任教授
博士(文学)(東北大学)
東北大学大学院文学研究科博士前期課程修了

RELATED BOOKS

関連書籍