東北大学Center for Northeast AsianStudies東北大学 東北アジア研究センター 言語マップ ??? 日本語 English 中文 Русский
東北アジア研究センターについて スタッフ 研究活動
公募型共同研究
プロジェクト研究
進行中の共同研究
完了した共同研究
科研費等
研究集会
研究データベース
談話会+成果報告会
教育 出版物 学術交流 図書室 関連サイト
外部資金

 ● 科研費 平成29年度科学研究費採択一覧
  以前の科研費はこちら
 ● 奨学寄付金
 ● 受託研究
 ● 共同研究
 ● 受託事業


ber


科研費

平成29年度科学研究費採択一覧
研究種目 代表者
氏名
新規
継続
研究期間
(平成)
研究課題名
1 基盤研究(A) 佐藤 源之 継続 26-30 圧縮センシングと最適空間サンプリングによる地雷検知用レーダ・イメージングの効率化
2 基盤研究(B) 岡 洋樹 継続 27-30 東北アジア辺境地域多民族共生コミュニティ形成の論理:中露・蒙中辺境に着目して
3 基盤研究(B) 千葉 聡 継続 27-29 化石記録から種分化プロセスに迫る:孤島の陸貝化石に見る多様性進化
4 基盤研究(B) 辻森 樹 継続 27-29 現行型沈み込み帯出現の地質学的証拠:古原生代、高圧中間群変成帯の総合研究
5 基盤研究(B) 柳田 賢二 継続 28-31 オーラルヒストリーによる旧ソ連ロシア語系住民の口頭言語と対ソ・対露認識の研究
6 基盤研究(B) 寺山 恭輔 新規 29-31 スターリン統治下のソ連極東に関する基礎的研究
7 基盤研究(B) 千葉 聡 新規 29-31 脅威が創出する多様性:ロシアとベトナムに見る進化爆発
8 基盤研究(C) 李 善姫 継続 27-29 移住女性の「新移民コミュニティ」活動と社会的資本に関する国際比較研究
9 基盤研究(C) 栗林 均 継続 27-29 近世モンゴル語の成立過程の研究
10 基盤研究(C) 荒武賢一朗 継続 27-29 17~19世紀日本列島における屎尿流通の基礎的考察
11 基盤研究(C) 明日香壽川 継続 28-30 パリCOP21の結果を踏まえた各国の温室効果ガス削減目標および政策の分析評価
12 基盤研究(C) 友田 昌宏 新規 29-31 幕末維新期における情報ネットワークと思想形成―東北諸藩士を素材として―
13 基盤研究(C) 高倉 浩樹 新規 29-31 津波被災地の地域農業・漁業復興における在来知と災害リスク軽減研究
14 基盤研究(C) 平野 直人 新規 29-31 海底岩石から直接読み解く沈み込むプレートの変動履歴
15 挑戦的萌芽研究 寺山 恭輔 継続 27-29 戦間期ソ連社会の軍事化に関する基礎的研究
16 挑戦的萌芽研究 千葉 聡 継続 28-29 進化で絶滅を防ぐ
17 若手研究(B) 田中 利和 継続 28-30 アフリカによる労働履物の創造に関する実践的地域研究:新たな地下足袋文化の探求
18 若手研究(B) 井上 岳彦 継続 28-31 ロシア帝国内のチベット仏教徒と南・東南アジアの民族知識人に関する研究
19 特別研究員奨励費 齊藤 匠 継続 28-30 形態の変化が適応放散に至るまでの経時的進化機構の解明
20 特別研究員奨励費 大石 侑香 継続 28-30 漁撈-牧畜論の構築:シベリア北方少数民族の生業複合論再考
21 特別研究員奨励費 井上 岳彦 継続 28-30 ロシア帝国の仏教研究と対アジア政策の関係について
22 特別研究員奨励費 内田 翔太 新規 29-31 生物の侵入によって変化する種間相互作用の解明
23 特別研究員奨励費 辻森 樹 継続 28-30 超海洋パンサラッサー古テチス海インタフェイスのテクトニクス復元


このページのTOPへこのページのTOPへ
ニューズレター
アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
TOPへ戻る
side_ber
 東北大学
 東北アジア研究センター
 〒980-8576
 宮城県仙台市青葉区川内41番地
 TEL(022)795-6009, 3707
 FAX(022)795-6010
 http://www.cneas.tohoku.ac.jp

Copyright 2007 Center for Northeast Asian Studies. All Right Reserved. bg