東北大学Center for Northeast AsianStudies東北大学 東北アジア研究センター 言語マップ
東北アジア研究センターについて スタッフ 研究活動
進行中の共同研究
完了した共同研究
科研費等
研究集会
研究データベース
教育
出版物 国際学術交流 図書室 関連サイト
進行中の共同研究

期 間 研 究 タ イ ト ル 代 表 者
2006-2008 過去5000年間における白頭山の噴火活動と周辺地域への歴史的影響
(重点プロジェクト)
谷口 宏充
2006-2010 ロシア地方部におけるシベリア地域研究動向にかかわる調査研究と地域研究文献データベースの構築
(長期プロジェクト)
高倉 浩樹
2006-2008 モンゴル語文献資料の電子化利用に関する研究 栗林 均
2006-2008 旧ソ連を中心とするポスト社会主義世界におけるマイノリティ・ビジネスの展開と私的所有観生成についての学際的研究 高倉 浩樹
2006-2008 数理地理モデルによる東北アジア地域の土地利用形態の比較分析 奥村 誠
2005-2006 江戸東京博物館における東アジア文化展企画研究
(重点プロジェクト)
磯部 彰
2005-2009 東アジア出版文化の総合研究
(長期プロジェクト)
磯部 彰
2005-2009 近未来の宮城県沖地震に備えた歴史資料保存のための調査研究事業
(長期プロジェクト)
平川 新
2005-2007 東北アジアにおけるユートピア思想と地域の在り方 山田 勝芳
2005-2007 東北アジア地域ノア画像データベース構築と文系分野への利用研究 工藤 純一
2005-2007 東北アジア地域史におけるモンゴルの歴史的位相に関する研究 岡 洋樹
2005-2007 中国の民族理論とその政策的実践の文化人類学的検証
−中華民族多元一体構造論を中心に−
瀬川 昌久


国際学術交流研究プロジェクト
開国以前の日露関係に関する研究
  19世紀中葉、開国以前の日露関係について、従来不足してきたロシア側史料の収集と分析を進めることで、日露関係史は飛躍的な進展が期待される。
協力:ロシア科学アカデミー東洋学研究所、同シベリア支部歴史研究所 代表:平川 新
NOAAデータを利用した西シベリア塩性湖チャニー湖沼群の環境と生物の調査
  衛星NOAAの画像データによりチャニー湖の環境変化を調査。生物群については炭素、窒素同位体比を用いた湖の食物網解析を中心に行っている。
協力:ロシア科学アカデミーシベリア支部動物分類学生態学研究所 代表:菊地永祐
中国における少数民族の族譜の収集と分析
  中国・広東省民族研究所との共同研究プロジェクト。同研究所が中国南部で収集した族譜の整理・分析と、その日本での出版準備を行っている。
協力:中国・広東省民族研究所 代表:瀬川昌久
過去5000年間における白頭山の噴火活動と周辺地域への歴史的影響
  中朝国境地帯に位置する白頭山の過去5000年間の噴火活動に焦点をあて、その自然科学的側面と人文科学的側面を、日朝中の理系文系の混合チームによって共同研究を行っている。
協力:中国・吉林大学、地震局、北朝鮮・地震局、考古学研究所 代表:谷口宏充
市場経済化におけるシベリア先住民アグリビジネスの組織化と経営をめぐる実証的研究
  市場経済化の中で新たに出現した先住民アグリビジネスの実態と特徴を定量的動態を中心に解明する。
協力:ロシア・サハ共和国アカデミー人文学研究所  代表:高倉浩樹
シベリア画像データベース構築
  シベリアで受信した米国気象衛星ノアからのデータをリアルタイムで本学へ転送し、画像データベース化して公開している。
協力:ロシア科学アカデミーシベリア支部無機化学研究所  代表:工藤純一
シベリア森林火災検出方法の開発
  シベリアのクラスノヤルスクで毎年発生している大規模森林火災の現地データと衛星から検出された火災結果を照合して、高精度な火災検出方法を開発している。
協力:ロシア科学アカデミーシベリア支部V.N.スカチョフ森林研究所 代表:工藤純一
シベリア森林火災とロシア経済の関係
  シベリアやロシア極東で毎年発生している森林火災がロシア経済へ及ぼす影響を解明するために、現地の経済データと衛星からの火災焼失地域を照合する方法で、現在から旧ソ連時代に遡って研究している。
協力:ロシア科学アカデミー極東支部経済研究  代表:工藤純一
高分解能衛星画像処理
  解像度が1メートル以下の衛星画像を利用した新しい画像処理方法の開発を行うために、米国IKONOS衛星から得られた種々の画像を融合処理して高分解能カラー画像処理を行う方法を研究している。
協力:ロシア・ユゴラ情報技術研究所  代表:工藤純一
シベリア森林火災モニタリングシステム
  シベリアで毎年発生する森林火災の早期発見と早期警戒について、衛星情報と現地情報を統合したシステム開発の研究を行っている。
協力:ロシア科学アカデミー国際森林研究所  代表:工藤純一
世界火災監視システム
  世界の火災を早期発見、早期警戒するための監視システムをFAOとGOFC/GOLD、GFMCが中心になって構築している。この中で東北アジア地域の火災監視を共同研究として引き受け、毎日のデータを提供している。
協力:イタリア・FAO(国連世界食料農業機関)  代表:工藤純一
人道的地雷検知技術の開発
  国内研究機関、アメリカ、イタリアの企業と共同で地雷検知装置ALISの開発を進めている。外務省ODAの一環であると共に、国連ならびにITEP(国際地雷検知器評価機関)などとの協力関係がある。
協力:科学技術振興機構JST、外務省、国連、アフガニスタン、クロアチア、ドイツ、エジプト  代表:佐藤源之
ボアホールレーダ技術の開発
  岩盤内部の地下透水性評価技術は、環境保全に加え、核廃棄物地層処分やLNG地下貯蔵などエネルギー分野で重要である。我々が開発しているボアホール装置と地下き裂を精密に評価するポーラリメトリ技術について、韓国地質資源研究院(KIGAM)と共同で評価実験を行っている。
協力:KIGAM  代表:佐藤源之
地下水計測と水資源管理
  地中レーダー(GPR)を利用することで井戸の掘削などを行わなくとも地下水の透水性、供給量など水資源予測が可能となることをウランバートル市における長期的な実験によって明らかにした。この実験はウランバートル市水道局などとの協力によるものである。
協力:モンゴル科学技術大学、モンゴル科学アカデミー、ウランバートル市水道局  代表:佐藤源之


このページのTOPへこのページのTOPへ
ニュースレター
アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
TOPへ戻る
side_ber
 東北大学
 東北アジア研究センター

 〒980-8576
 宮城県仙台市青葉区川内41番地
 TEL(022)795-6009
 FAX(022)795-6010
 http://www.cneas.tohoku.ac.jp

Copyright 2007 Center for Northeast Asian Studies. All Right Reserved. bg
英語ページへ モンゴル語のページ 中国語のページ