東北大学Center for Northeast AsianStudies東北大学 東北アジア研究センター 言語マップ
東北アジア研究センターについて スタッフ 研究活動
進行中の共同研究
完了した共同研究
科研費等
研究集会
研究データベース
教育
出版物 国際学術交流 図書室 関連サイト
進行中の共同研究

研究題目
モンゴル語文献資料の電子化利用に関する研究(一般)

研究内容
本研究は、モンゴル語で記録された種々の資料をパソコン上で利用できるようにテキストと画像によるデータベースとそれらを有効に利用できる環境を考案・構築し、言語学と歴史学の見地から文献学的な研究を行うことを目的としている。
モンゴル語を記録した資料としては、モンゴル文字、パスパ字、漢字、アラビア文字、トド文字、ソヨンボ文字、満州文字、キリル文字等の文献があり、時代も13世紀から現代にまで及ぶ。本研究では、写本や版本の形で保存されている主要なモンゴル語文献の所在と保存状況を調査し、文献学的にもっとも信頼できるものを選定した上で、それらの文献を画像形式で計算機に取り込んで利用できるようにするとともに、それらの電子化テキストを作成して計算機上での検索利用を可能にし、索引の作成を行う。こうした基礎的な作業の上に、それらの文献の内容を読み解き、訳と注釈を施す作業を行う。また、そうした研究成果をインターネット上で公開し、利用できるようなシステムの開発を行う。
研究には本研究センターに関わりの深いモンゴル国、中国内モンゴル、ブリヤートの研究者をスタッフに加えて、それらの地域における文献の情報や新たな研究の進展の情報を交換しながら、研究を進める。

研究期間
2006〜2008年度

研究組織
氏 名 所   属 氏 名 所   属
高倉 浩樹* 東北アジア研究センター 藤原 潤子 日本学術振興会特別研究員
寺山 恭輔 東北アジア研究センター 滝澤 克彦 東北大学大学院文学研究科博士課程
塩谷 昌史 東北アジア研究センター    
吉田 睦 千葉大学文学部    

成果の公表
年度ごとに冊子体にまとめて公刊する。


このページのTOPへこのページのTOPへ
ニュースレター
アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
TOPへ戻る
side_ber
 東北大学
 東北アジア研究センター

 〒980-8576
 宮城県仙台市青葉区川内41番地
 TEL(022)795-6009
 FAX(022)795-6010
 http://www.cneas.tohoku.ac.jp

Copyright 2007 Center for Northeast Asian Studies. All Right Reserved. bg
英語ページへ モンゴル語のページ 中国語のページ