東北大学Center for Northeast AsianStudies東北大学 東北アジア研究センター 言語マップ
東北アジア研究センターについて スタッフ 研究活動 教育 出版物 国際学術交流 図書室 関連サイト
スタッフ

岡洋樹 岡 洋樹 〔おか・ひろき〕
東北大学 東北アジア研究センター
地域形成研究部門社会構造研究部門・助教授
(兼)東北大学大学院国際文化研究科

 専攻
 東洋史
 モンゴル史

略歴
1991年3月 早稲田大学大学院文学研究科後期博士課程史学(東洋史)専攻
1990年4月 早稲田大学文学部助手
1993年4月 日本学術振興会特別研究員
1992年4月 群馬大学教育学部、早稲田大学第二文学部非常勤講師
1996年8月 現職 東北大学東北アジア研究センター助教授

業績
東北大学研究者データベースへ

教育活動
東北大学大学院国際文化研究科アジア社会論講座「北アジア・社会制度史論」「アジア社会論特論」「アジア社会論総合演習」

連絡先
〒980-8576 仙台市青葉区川内 東北大学東北アジア研究センター
TEL : (022)795-6083
FAX : (022)795-3599
E-mail okah@cneas.tohoku.ac.jp

研究紹介
東北アジア地域におけるモンゴルの社会・行政統治構造の歴史的変遷と東北アジア地域形成におけるその位相の研究
遊牧生産を基盤とするモンゴルの社会構成は、清代の社会・統治枠組みの基盤の上に、社会主義期の改編を経て、現在に至っている。かかる観点から、以下の研究を進めている。
モンゴルにおける前近代基層社会構造の研究。とくに清朝が導入しためいき盟旗制度と呼ばれる統治構造と、モンゴル在来のタイジ(王族)・属下民の主従関係に基づく社会構造(オトグ・バグ)の関係、および清朝統治の特質の解明。A19世紀「教訓書」「布告文」と呼ばれる史料群を用いた近代直前のモンゴルの社会変容の解明。B社会の様々な動きと環境変動との関わり、とくに雪害・旱害時におけるモンゴル社会の対応メカニズムの研究。

主な研究テーマ
清代ハルハ・モンゴルにおけるオトグ・バグ組織の研究
19世紀ハルハ・モンゴルの教訓書・布告文の研究
清初モンゴルにおける清朝統治の確立過程の研究
清代における旱雪害発生と社会対応に関する研究

プレヴジャヴ布告文
プレヴジャヴ布告文


このページのTOPへスタッフページへ戻る
ニュースレター
アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
TOPへ戻る
side_ber
 東北大学
 東北アジア研究センター

 〒980-8576
 宮城県仙台市青葉区川内41番地
 TEL(022)795-6009
 FAX(022)795-6010
 http://www.cneas.tohoku.ac.jp

Copyright 2007 Center for Northeast Asian Studies. All Right Reserved. bg
英語ページへ モンゴル語のページ 中国語のページ