東北大学Center for Northeast AsianStudies東北大学 東北アジア研究センター 言語マップ
東北アジア研究センターについて スタッフ 研究活動 教育 出版物 国際学術交流 図書室 関連サイト
スタッフ

鹿野秀一 鹿野 秀一 〔しかの・しゅういち〕
東北大学 東北アジア研究センター
地域生態系研究分野・助教授
(兼)東北大学大学院 生命科学研究科

 専攻
 微生物生態学
 システム生態学

略歴
1982年3月 東北大学 大学院理学研究科博士課程修了(理学博士)
1982年4月 東北大学 教務技官 理学部生物学科
1986年11月 東北大学 助手 理学部生物学科
1997年4月 東北大学 助教授 東北アジア研究センター

業績
東北大学研究者データベースへ

教育活動
学部講義 微生物生態学、生態学実習、動物生態学実習
大学院講義 生態学特殊講義

学外での活動
日本生態学会
日本微生物生態学会
日本陸水学会

連絡先
〒980-8576 仙台市青葉区川内
地域生態研究分野 Web Siteへ

研究紹介
東北アジアの湖沼、湿地などの水界生態系の環境と微生物群集との関係について研究
単細胞のバクテリアなどの微生物は、さまざまな環境においてそこに適応した種類が生存しているため、環境を反映した生物からなる微生物群集を形成している。また、環境の変化に対しても微生物群集はすばやく応答するので、群集の変化は環境変化のバロメータと考えられる。現在、いろいろな塩分環境がみられるロシア西シベリアの内陸性塩性湖(チャニー湖)、火山性ガスによって強酸性を示す火口湖(潟沼)や、海水と河川水の影響がある湿地などの水界生態系において、DNAの塩基配列をもとに系統分類をする方法などを用いて微生物の群集組成と環境の変化について研究している。

主な研究テーマ
チャニー湖の塩分環境と微生物群集
強酸性湖の微生物群集
干潟の硫酸還元菌群集
気象衛星ノアによるチャニー湖の環境モニタリング
火口湖潟沼の水質変動

強酸性湖の好酸性細菌からなる単純な群集の深度分布を調べる。横縞のバンド1本が1種類の細菌に当たる
強酸性湖の好酸性細菌からなる単純な群集の深度分布を調べる。横縞のバンド1本が1種類の細菌に当たる


このページのTOPへスタッフページへ戻る
ニュースレター
アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
TOPへ戻る
side_ber
 東北大学
 東北アジア研究センター

 〒980-8576
 宮城県仙台市青葉区川内41番地
 TEL(022)795-6009
 FAX(022)795-6010
 http://www.cneas.tohoku.ac.jp

Copyright 2007 Center for Northeast Asian Studies. All Right Reserved. bg
英語ページへ モンゴル語のページ 中国語のページ