東北大学Center for Northeast AsianStudies東北大学 東北アジア研究センター 言語マップ
東北アジア研究センターについて スタッフ 研究活動 教育 出版物 国際学術交流 図書室 関連サイト
スタッフ

谷口宏充 谷口 宏充 〔たにぐち・ひろみつ〕
東北大学 東北アジア研究センター
地球化学研究分野・教授
(兼)東北大学大学院 理学研究科地球物質科学専攻

 専攻
 火山科学

略歴
1974年3月 東北大学理学研究科岩石鉱物鉱床学専攻博士課程修了(理学博士)
1974年4月 大阪府 研究員 大阪府科学教育センター
1982年4月 大阪府 主任研究員 大阪府科学教育センター
1997年7月 東北大学 教授 東北アジア研究センター

業績
東北大学研究者データベースへ

教育活動
学部講義  地球の物質とダイナミックス,火山物理化学
大学院講義  マグマ物理化学特論,火山物理化学特論

学外での活動
日本岩石鉱物鉱床学会 評議員,常務委員
岩石鉱物科学 編集委員

連絡先
〒980-8576 仙台市青葉区川内 東北大学東北アジア研究センター
TEL : (022)795-6236
FAX : (022)795-6236
E-mail : taniguti@cneas.tohoku.ac.jp

研究紹介
火山爆発現象を科学する
爆風、火砕流や噴石の飛散など現象が多様であり、その危険性や法的規制もあって、地上はもとより空からの情報入手さえ困難であるのが噴火である。無線操作が可能、かつ自律機能を有し、地上と上空における一体化した無人探査システムができるなら、噴火とは限らず、危機に際し安全にリアルタイム情報取得が可能になり、科学的理解ばかりでなく災害軽減の施策決定などに生かすことができる。このシステムの構築を目指し、運用への体制確立を計る。同時に、火山爆発のエネルギーや深度などの物理量と、地表に出現する噴石や火砕流などの現象の広がりと強さとを結ぶ物理法則の確立のため、野外爆発実験を行っている。

主な研究テーマ
野外爆発実験による火山爆発のスケーリング則の確立
火山探査ロボットシステムの開発研究
白頭山火山の噴火史と周辺王朝に与えた歴史的影響

野外爆発実験と火山探査移動観測ステーションMOVE
野外爆発実験と火山探査移動観測ステーションMOVE


このページのTOPへスタッフページへ戻る
ニュースレター
アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
TOPへ戻る
side_ber
 東北大学
 東北アジア研究センター

 〒980-8576
 宮城県仙台市青葉区川内41番地
 TEL(022)795-6009
 FAX(022)795-6010
 http://www.cneas.tohoku.ac.jp

Copyright 2007 Center for Northeast Asian Studies. All Right Reserved. bg
英語ページへ モンゴル語のページ 中国語のページ