東北大学Center for Northeast AsianStudies東北大学 東北アジア研究センター 言語マップ
東北アジア研究センターについて スタッフ 研究活動 教育 出版物 国際学術交流 図書室 関連サイト
スタッフ

宮本毅 宮本 毅 〔みやもと・つよし〕
東北大学 東北アジア研究センター
地球科学研究分野・助手
(兼)東北大学大学院 理学研究科地学専攻

 専攻
 火山岩岩石学
 火山地質学

略歴
1995年3月 東北大学 大学院理学研究科地学専攻博士前期課程修了(理学修士)
1997年5月 東北大学 助手 東北アジア研究センター

業績
東北大学研究者データベースへ

教育活動
野外調査実習・夏期野外実習・火山物理化学演習・地学実験

連絡先
〒980-8576 仙台市青葉区川内 東北大学東北アジア研究センター
TEL : (022)795-7564
FAX : (022)795-3196
E-mail : t-miya@cneas.tohoku.ac.jp

研究紹介
東北アジア地域に分布する火山の成り立ちや、火山噴火が自然界に与える影響について、フィールド調査を主体として研究している
火山噴火が発生した場合には周辺地域に多大な災厄がもたらされる。東北アジア地域には複数の火山が存在するが、噴火が自然界(人類史)に与える影響を知るためこの地域において過去にどのような火山活動を行われてきたかを、有史後に噴火したとされる中国・北朝鮮国境上の白頭山、南九州の火山を対象とした研究行っている。特に白頭山については,過去2000年間で世界最大級の噴火とされる10世紀の噴火活動に焦点をあて、中国・北朝鮮領内でのフィールド調査を通じて噴火の推移や、噴火がもたらした自然界への影響(例えば環境変動)について検討し、次第に噴火の全貌が明らかになりつつある。

主な研究テーマ
白頭山10世紀巨大噴火の噴火推移の解明
白頭山の過去数千年間の噴火史の再検討
火山噴火と火山伝承に関する研究
島弧火山(日本地域)におけるマグマ発達史
東北アジア地域の大陸性マントル物質に関する研究

西側山頂から見た白頭山天池カルデラ。対岸中央部に中朝国境が位置し,右が北朝鮮領。(長瀬敏郎撮影)
西側山頂から見た白頭山天池カルデラ。対岸中央部に中朝国境が位置し,右が北朝鮮領。(長瀬敏郎撮影)


このページのTOPへスタッフページへ戻る
ニュースレター
アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
TOPへ戻る
side_ber
 東北大学
 東北アジア研究センター

 〒980-8576
 宮城県仙台市青葉区川内41番地
 TEL(022)795-6009
 FAX(022)795-6010
 http://www.cneas.tohoku.ac.jp

Copyright 2007 Center for Northeast Asian Studies. All Right Reserved. bg
英語ページへ モンゴル語のページ 中国語のページ