東北大学Center for Northeast AsianStudies東北大学 東北アジア研究センター 言語マップ
東北アジア研究センターについて スタッフ 研究活動 教育 出版物 国際学術交流 図書室 関連サイト
スタッフ

柳田賢二 柳田 賢二 〔やなぎだ・けんじ〕
東北大学 東北アジア研究センター
言語研究分野・助教授

 専攻
 スラヴ語学
 音声学・音韻論

略歴
1986年3月 東京大学 大学院人文科学研究科修士課程(露語露文学専攻)修了(文学修士)
1989年3月 東京大学 大学院人文科学研究科博士課程(露語露文学専攻)単位満了退学
1992年4月 東北大学 専任講師 教養部
1993年4月 東北大学 専任講師 言語文化部
1995年4月 東北大学 助教授 言語文化部
1997年4月 東北大学 助教授 東北アジア研究センター

業績
東北大学研究者データベースへ

教育活動
学部講義:ロマンス・スラヴ言語文化論、基礎ロシア語I・II、ロシア語演習A1・A2

連絡先
〒980-8576 仙台市青葉区川内 東北大学東北アジア研究センター
E-mail : yanagida@cneas.tohoku.ac.jp
FAX : (022)795-7638

研究紹介
言語接触とコードスイッチングの研究――中央アジアのドゥンガン人、高麗人を中心に
ドゥンガン人は自らを中国の回族と同族と考えており、その言語は中国語北方方言に由来する。しかし長くロシア・旧ソ連領内に居住して中国との接触を断たれ、また漢字を使用せずキリル字による正書法を用いており、その言語は中国語北方方言から相当にかいり乖離し始めている。この言語についてシンタクス面での変容および、ロシア語とのコードスイッチングの観察を中心に現地調査を行っている。また19世紀半ばから20世紀前半に朝鮮半島から沿海州に流出し、1937年に全員が中央アジアに移住させられた朝鮮系住民である「高麗人」の言語についても現地で言語資料を採取し、言語接触とコードスイッチングという観点から研究している。

主な研究テーマ
○言語接触と言語変容に関する研究
○多言語使用とコードスイッチングの研究
○現代ロシア語に関する音声学・音韻論的研究

中央アジアドゥンガン人(自称は「回族」)の祝祭「ドゥンガン文化の日」の1コマ(キルギス共和国ビシュケク)
中央アジアドゥンガン人(自称は「回族」)の祝祭「ドゥンガン文化の日」の1コマ(キルギス共和国ビシュケク)


このページのTOPへスタッフページへ戻る
ニュースレター
アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
TOPへ戻る
side_ber
 東北大学
 東北アジア研究センター

 〒980-8576
 宮城県仙台市青葉区川内41番地
 TEL(022)795-6009
 FAX(022)795-6010
 http://www.cneas.tohoku.ac.jp

Copyright 2007 Center for Northeast Asian Studies. All Right Reserved. bg
英語ページへ モンゴル語のページ 中国語のページ