東北大学Center for Northeast AsianStudies東北大学 東北アジア研究センター 言語マップ 한국어 日本語 English 中文 Русский
東北アジア研究センターについて スタッフ 研究活動 教育 出版物 学術交流 図書室 関連サイト
スタッフ

内藤寛子 内藤 寛子 〔ないとう・ひろこ〕
東北大学東北アジア研究センター
情報拠点分野 海外連携室 助教

専攻】
 現代中国政治
 比較政治

【略歴】
 2009年9月 慶應義塾大学総合政策学部卒業
 2010年8月 北京大学政府管理学院留学(2011年7月迄)
 2012年3月 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了(修士(政策・メディア))
 2014年8月 Harvard-Yenching Institute, Visiting Fellow(2015年12月迄)
 2017年2月 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程修了(博士(政策・メディア))

【業績】
 ⇒ 東北大学研究者データベースへ

【連絡先】
 〒980-8576 仙台市青葉区川内41 東北大学東北アジア研究センター
 TEL:022-795-3139

【研究紹介】
中国の司法機関である人民法院は、独立して司法決定を出すことができず、中国共産党に従属的な機関であると位置づけられてきた。このような中国共産党と人民法院の権力関係に変化はないものの、1980年代以降、人民法院は紛争処理の役割を担い、また、行政機関の監督機能を付与されるなど、その重要性は増している。
中国共産党は人民法院をどのように機能させようと試みてきたのか、そしてその結果、両者の権力関係はどのように変容したのであろうか。私の研究は、中国における政党と司法の権力関係を事例に、権威主義体制における司法機関の政治制度としての機能と権威主義体制が持続するメカニズムを明らかにしようとするものである。

【主な研究テーマ】
 ●権威主義体制が持続するメカニズム
 ●中国共産党と人民法院(司法機関)の権力関係
 ●権威主義体制における司法機関の政治制度としての役割


中国は民主化するのか?


いよいよ裁判が始まる。裁判所に五星(中国共産党の印)が光る。


北京税関にて。台湾人、香港人、全てが中国人と化す。

このページのTOPへスタッフページへ戻る
ニューズレター
アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
TOPへ戻る
side_ber
 東北大学
 東北アジア研究センター

 〒980-8576
 宮城県仙台市青葉区川内41番地
 TEL(022)795-6009, 3707
 FAX(022)795-6010
 http://www.cneas.tohoku.ac.jp

Copyright 2007 Center for Northeast Asian Studies. All Right Reserved. bg