東北大学Center for Northeast AsianStudies東北大学 東北アジア研究センター 言語マップ
東北アジア研究センターについて スタッフ 研究活動 教育 出版物 学術交流 図書室 関連サイト
スタッフ

奥村誠 奥村 誠 〔おくむら・まこと〕
東北大学 災害科学国際研究所・被災地支援研究分野・教授
(兼)東北アジア研究センター・地域計画科学研究分野
(兼)東北大学大学院 工学研究科土木工学専攻

 専攻
 土木計画学
 都市間交通計画、国土計画、都市計画

略歴
1986年3月 京都大学 大学院工学研究科交通土木工学専攻修士課程修了(工学修士)
1987年3月 京都大学 大学院工学研究科交通土木工学専攻博士後期課程退学
1987年4月 京都大学 助手 工学部土木工学科
1991年11月 京都大学博士(工学)取得
1992年4月 京都大学 講師 工学部土木工学科
1992-93年 ボストン大学資源エネルギー研究所 研究員
1995年4月 広島大学 助教授 工学部第4類(建設系)
2006年4月 東北大学 教授 東北アジア研究センター
大学院工学研究科土木工学専攻 併任
2012年4月 東北大学 教授 災害科学国際研究所
東北アジア研究センター 併任
大学院工学研究科土木工学専攻 併任

業績
東北大学研究者データベースへ

教育活動
学部講義 :災害の科学、建築・社会環境工学演習、地域・都市計画,都市システム計画演習II、都市システム計画研修A,B
大学院講義(修士) :計量行動分析、スペクトル解析、土木工学修士研修、実践的防災学VI
大学院講義(博士) :地域システム学特論、土木工学博士研修

学外での活動
日本都市計画学会東北支部副支部長
応用地域学会運営委員

連絡先
〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1 通研2号館152号室
TEL : (022)217-6369
FAX : (022)217-6369
地域計画科学研究室ホームページ

研究紹介
数理解析手法と最新情報技術を用いて、厳しい自然環境の中の生存・生活・交通基盤の整備・維持方策を解明する
東北アジア地域は、火山や地震のほか、乾燥気候や冬季の積雪、低温など、厳しい自然環境にある。その中で多様な人間活動を行うために、人々は生活、産業、交通のためのインフラ(社会基盤)を作り上げてきた。
そこで、統計学・経済学・地理学を基礎に、自然環境と調和する地域やインフラを整備・維持していくための方策を提案するため、GIS(地理情報システム)などの情報技術や複雑な最適化計算を駆使した研究を実施している。

主な研究テーマ
■ 自然による交通の途絶と地域の孤立
■ 都市間交通ネットワークと国土構造の共進化
■ 地域的な医療格差の発生と拡大過程
■ 地理条件の厳しい地域の水道事業マネジメント
■ 大規模災害による負傷者の搬送・救命方策

東シベリアにおける凍結河川上の冬道路(2009年3月撮影)
東シベリアにおける凍結河川上の冬道路(2009年3月撮影)
東シベリアにおける凍結河川上の冬道路(2009年3月撮影)


このページのTOPへスタッフページへ戻る
ニューズレター
アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
TOPへ戻る
side_ber
 東北大学
 東北アジア研究センター

 〒980-8576
 宮城県仙台市青葉区川内41番地
 TEL(022)795-6009, 3707
 FAX(022)795-6010
 http://www.cneas.tohoku.ac.jp

Copyright 2007 Center for Northeast Asian Studies. All Right Reserved. bg
英語ページへ 中国語版 Russian