東北大学Center for Northeast AsianStudies東北大学 東北アジア研究センター 言語マップ 한국어 日本語 English 中文 Русский
東北アジア研究センターについて スタッフ 研究活動 教育 出版物 学術交流 図書室 関連サイト
スタッフ

鹿野秀一 鹿野 秀一 〔しかの・しゅういち〕
東北大学 東北アジア研究センター
地域生態系研究分野・准教授
(兼)東北大学大学院 生命科学研究科

【専攻】
 微生物生態学
 システム生態学

【略歴】
1982年3月 東北大学 大学院理学研究科博士課程修了(理学博士)
1982年4月 東北大学 教務技官 理学部生物学科
1986年11月 東北大学 助手 理学部生物学科
1997年4月 東北大学 助教授 東北アジア研究センター
2007年4月 東北大学東北アジア研究センター 准教授(職階名変更による)

【業績】
 ⇒ 東北大学研究者データベースへ

【教育活動】
学部講義
  微生物生態学
 生態学実習
 動物生態学実習
大学院講義
 生態学特殊講義

【学外での活動】
 日本生態学会
 日本微生物生態学会
 日本陸水学会

【連絡先】
 〒980-8576 仙台市青葉区川内
 ⇒ 地域生態研究分野 Web Siteへ

【研究紹介】
東北アジアの湖沼、湿地などの水界生態系の生物群集と食物網
水界生態系では、様々な生物が食う食われる関係を介して食物網を形成している。これらの食物網は、植物・動物プランクトンやそれらを食べるプラントン食性魚、さらに魚食性魚などの主要なメンバーから成り、それらについては多くの研究が行われている。一方、近年これらに加えて微生物由来の有機物を起点とする食物連鎖や、今までほとんど考慮に入れられていなかった寄生虫などを組み入れることの重要性が認識され始めている。これらのテーマを研究するため、様々な塩分環境がみられるロシア西シベリアの内陸性塩性湖沼群(チャニー湖)、ラムサール条約締結地のひとつである宮城県の伊豆沼・内沼や、海水と河川水の影響がある干潟や湿地などの水界生態系において、炭素・窒素 安定同位体比の分析による食物網解析や、DNA塩基配列をもとに系統分類をすることによる微生物群集解析を行っている。

【主な研究テーマ】
 ● 湖沼生態系の微生物群集
 ● 微生物の食物網への寄与
 ● 西シベリア・チャニー湖沼群の魚類を含めた食物網
 ● 食物網における寄生虫のリンク


チャニー湖における生物調査風景

このページのTOPへスタッフページへ戻る
ニューズレター
アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
TOPへ戻る
side_ber
 東北大学
 東北アジア研究センター

 〒980-8576
 宮城県仙台市青葉区川内41番地
 TEL(022)795-6009, 3707
 FAX(022)795-6010
 http://www.cneas.tohoku.ac.jp

Copyright 2007 Center for Northeast Asian Studies. All Right Reserved. bg