東北大学Center for Northeast AsianStudies東北大学 東北アジア研究センター 言語マップ
東北アジア研究センターについて スタッフ 研究活動
公募型共同研究
プロジェクト研究
進行中の共同研究
完了した共同研究
科研費等
研究集会
研究データベース
教育
出版物 学術交流 図書室 関連サイト
進行中の共同研究

研究題目
中国における石炭消費削減策が大気汚染および温暖化を緩和する可能性

研究内容
 周知のように中国はPM 2.5(微小粒子状物質)などによる大気汚染に悩まされており、偏西風に乗って日本への越境汚染も懸念されている。一方、中国でも日本でも温室効果ガスの排出削減対策は喫緊の課題である。
 温室効果ガスの排出削減がなかなか進まない中、大気汚染問題の深刻さから、2013年になって中国政府は石炭消費の絶対量での削減(上限設定)という、これまでになく厳しい政策を打ち出した。ただし、具体的な制度設計はこれからであり、既存の規制や制度(例:排出量取引制度やエネルギー税)などへの影響が懸念されている。また、石炭消費の削減には、代替エネルギーとして天然ガス、再生可能エネルギー、原子力、省エネなどの大幅な導入および利用の拡大が必要だが、これらもそれぞれ大きな課題を抱えている。さらに、温室効果ガスの排出削減という意味では、二酸化炭素回収・貯留(CCS)も大きな役割を担う。
 本研究では、中国における石炭政策の具体的な現状と課題を明らかにすると同時に、中国において代替エネルギーが持つ個別の課題やCCSの開発状況を調査する。そして、石炭政策が中国における大気汚染物質および温暖化ガスの排出に与える影響を、エネルギー経済モデルなどによって定性的かつ定量的に明らかにする。また、目標の地方への分配など政策実施の際における具体的な制度的課題についても検討する。さらに、このような政策が気候変動枠組条約の下での国際交渉を前に進める可能性を探り、米国と中国、日本と中国、EU(欧州連合)と中国といった2国間での協力の現状および将来についても展望する。

研究期間
2014年度~2019年度

研究組織
氏名 所属
明日香 壽川 東北アジア研究センター
盧 向春 東北アジア研究センター
堀井 伸浩 九州大学
金 振 科学技術振興機構

成果の公表
-


このページのTOPへこのページのTOPへ
ニューズレター
アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
TOPへ戻る
side_ber
 東北大学
 東北アジア研究センター

 〒980-8576
 宮城県仙台市青葉区川内41番地
 TEL(022)795-6009, 3707
 FAX(022)795-6010
 http://www.cneas.tohoku.ac.jp

Copyright 2007 Center for Northeast Asian Studies. All Right Reserved. bg
英語ページへ 中国語版 Russian