東北大学大学共同利用機関法人人間文化研究機構 北東アジア地域研究推進事業 東北大学東北アジア研究センター拠点 お問い合わせサイトマップ
 

TOP > 出版物 > 論文

【出版物 : 論文 | 書籍その他

論文


明日香寿川,他,日本のエネルギー・ミックスおよび温室効果ガス排出削減数値目標策定プロセスにおける課題と今後の建設的議論のための提言.[JUST issue paper No.5, 2017.3]
明日香寿川,日中韓高炭素共同体をどう作らないか. [Global Asia Review, 3, (2017), 9-10]
明日香寿川, 気候変動における不確実性問題:気候感度に関する最新の科学的知見を中心に. [東北アジアにおける大気環境管理スキームの構築研究ユニット Working paper, (2017-1)]
明日香寿川, パリCOP21合意後の世界:投資撤退、情報開示、訴訟リスクを中心に.[Energy Democracy, 2016]
明日香寿川,日本が温暖化問題において世界の潮流に取り残されている 12 の理由.[環境と文明, 24 , 6-7]
明日香寿川, 気候変動問題とパリ協定.[自然エネルギー白書2016, 16-17]
明日香寿川, 原発と地球温暖化問題と錯総した関係.[科学, 86 (7), (2016), 718-725]
明日香寿川, パリ協定とは何か マラケシュCOPでは何が決まったのか 国際交渉の場では何を議論しているのか. [日本再生,第452号,第13版]
風戸真理・尾崎孝宏・高倉浩樹共編,モンゴル牧畜社会をめぐるモノの生産・流通・消費.[東北大学東北アジア研究センター,pp.179]
風戸真理,モンゴル国における住居フェルト生産の変遷―工業製品と手作業の製品―.[風戸真理・尾崎孝宏・高倉浩樹共編『モンゴル牧畜社会をめぐるモノの生産・流通・消費』東北大学東北アジア研究センター,5-27]
大塚健司,持続可能な東アジアのための人間の安全保障を求めて.[天児慧・李鐘元篇『東アジア 和解への道 歴史問題から地域安全保障へ』岩波書店,189-204]
大塚健司,中国の環境政策実施過程における公衆参加の新展開−環境公益訴訟の導入.[環境経済・政策研究,10(1),48-51]
卯田宗平,鵜飼い漁誕生の初期条件−野生ウミウを飼い馴らす技術の事例から.[日本民俗学,(286),(2016),35-65]
卯田宗平,中国における環境史研究再考―鵜飼技術からみた自然と人間とのかかわり.[水島司編『環境に挑む歴史学』勉誠出版, 68-80]
明日香壽川,パリCOP21 合意後の世界:投資撤退、情報開示、訴訟リスクを中心に. [Energy Democracy, (2016)]
明日香壽川, COP21: 終わりと始まり. [世界, (2 月), (2016)]
石井敦, 北東アジアにおける環境協力のための科学――PM2.5 問題を題材に. [ユーラシア研究, (53), (2016),39-44]
金丹,森俊介,東アジアジア地域の中間財における国際分業の進展.[北東アジア地域研究,(22),(2016)]
高倉浩樹,恵みの洪水が災いの水にかわるとき. [シベリア 温暖化する極北の水環境と社会(檜山哲哉・藤原潤子編、京都大学学術出版会), (2015), 173-222
明日香壽川, 2015 年パリ合意の行方:公平で野心的な温暖化対策数値目標の策定 評価に関する議論の全体像および今後の展開. [東アジアにおける大気環境管理スキームの構築研究ユニットWorking paper, (2015-1), (2015)]
明日香壽川, 気候感度および気温上昇停滞(ハイエタス)に関する最新の科学的知見. [東北大学東アジアにおける大気環境管理スキームの構築研究ユニットWorking paper 2015-2, (2015)]
明日香壽川,日本政府約束草案の公平性 野心度に対する複数の評価に関して. [東北大学東アジアにおける大気環境管理 スキームの構築研究ユニットWorking paper 2015-3, (2015)]
明日香壽川, 原発なしの温暖化対策こそ平和と民主主義と経済発展を取り戻す. [世界, (12 月号), (2015)]
金丹,森俊介,中国のエネルギー・環境政策の影響分析―動学的多地域多部門統合評価モデルTHERESIAによる,[北東アジア地域研究,(21),(2015)]

Ока Хироки,Чингийн Yеийн Монгол дахь хилийн тYYхэн бодит байдлыг дахин шинжих нь. Монголын зYYн орны "Утсан хэрмийн" дагуух нутгаар жишээлэх нь. [Эвроазийн НYYдлийн аж ахуй: ТYYх, Соёл, ХYрээлэх орчин. (2016), 15-25]
Hiroki Takakura,Lessons from anthropological projects related to the Great East Japan Earthquake and Tsunami: Intangible Cultural Heritage Survey and Disaster Salvage Anthropology. [John Gledhill (Ed.) World anthropologies in Practice: Situated Perspectives, Global Knowledge. ASA monograph 52. London: Bloomsbury, (2016), 211-224]
Jusen ASUKA, Assessment of China’s Greenhouse Gas Emission Reduction Target for 2030: Possibility of Earlier Peaking.[The Journal of Contemporary China Studies, 5 (1), (2016), 57-68]
Kazato, Mari, Versatile Living under Socio-natural Fluctuations in Mongolia: Movement between Urban and Pastoral Areas. [Journal of Arid Land Studies, 26(1):227-231. ]
Zhen Jin, Environmental Policy and Governance in  China.[Hideki Kitagawa Editor, "Environmental Management System in China: The Target Achieving Process",Springer, 2017]
Hiroki Takakura,Limits of pastoral adaptation to permafrost regions caused by climate change among the Sakha People in the middle basin of Lena River. [Polar Science, (2016)]
Public attitudes to climate engineering research and field experiments: Preliminary results of a web survey on students’ perception in six Asia-Pacific countries. [東京大学政策ビジョン研究センターWorking Paper Series, (24), (2016)] Masahiro Sugiyama, Takanobu Kosugi, Atsushi Ishii, Shinichiro Asayama
Transdisciplinary co-design of scientific research agendas: 40 research questions for socially relevant climate engineering research. [Sustainability Science, (2016)] Masahiro Sugiyama 他
Comparative assessment of Japan‘s long-term carbon budget under different effort-sharing principles. [Climate Policy, (2015), 1-19] Kuramochi Takeshi, Asuka Jusen, Fekete Hanna, Tamura Kentaro, Hohne Niklas

 
HOME
概要
事業内容
センター長挨拶
組織
研究活動
研究集会
シンポジウム
News
出版物
論文
書籍
その他
リンク集
お問い合わせ

人間文化研究機構
北東アジア地域研究みんぱく拠点

富山大学 極東地域研究センター拠点
島根県立大学 北東アジア研究センター拠点
総合地球科学研究所

拠点TOP概要研究実績出版物リンク集お問い合わせサイトマップ

©2016 大学共同利用機関法人人間文化研究機構 北東アジア地域研究推進事業
東北大学東北アジア研究センター拠点
All Rights Reserved.